だれもが誇れる街「すぎなみ」へ

これまで、全国自治体を牽引する杉並区政発展のために尽力してきました。特に福祉、教育、まちづくり、防災などにおいては、現場に行き、手に入れた情報を基に杉並独自の施策を実現してきました。

しかし、依然として厳しい景気、急速に進む少子・高齢化、深刻な環境問題や防災・防犯などにおいて、社会環境の変化に対応できる安心でゆたかな街づくりが求められています。激動の時代だからこそ、暮らしの最前線へ飛び込み現場を知ること。そして、何かを変えたいという情熱を持ち続けることが大切だと思います。

政治家は進化しなければなりません。子供たちの夢、働く人たちの暮らし、高齢者や障がいを持つ人たちの安心。守るべきものはたくさんあります。

これまで現場で培った経験とネットワークで皆さまの声を形にしていくこと、それが私の責任です。ムダを無くし、区民の皆さまが参加できる区政、そして環境を守り将来に夢の描ける杉並の新しい「未来」を創ります。

【安全・快適に暮らせるまちに!】
 阿佐ヶ谷地域、荻窪地域のまちづくりを推進します
 木造密集地域の解消とインフラの長寿命化を推進します
 善福寺川の水害を抜本的に改善するため、環8より上流部に貯留施設を設置します

【命を大切にするまちに!】
 好評の「長寿応援ポイント」を今の3倍規模に拡大し、高齢者の健康寿命を伸ばします
 JR高架下を活用して保育園や障がい者施設の設置を推進します
 特別養護老人ホーム等の高齢者福祉施設の拡充します
 地域包括ケアシステムの構築を推進します
 地域医療の充実を推進します

【子供たちの希望あふれるまちに!】
 好評の「なみすけ商品券」「子育て応援券」を発展させて、中学生までの教育費や買い物にも使える「教育クーポン券」を創設します
 全小中学生にタブレットを配布し、電子教科書によるICT教育を普及させます
 STEM(理数科)教育の推進します

【豊かで元気なまちに!】
 済美山総合運動場を、公式大会のできる「公認競技場」に拡充します
 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、ビーチバレー及びシッティングバレーの普及振興及び環境整備をおこないます
 阿波踊り、荻窪音楽祭、七夕まつり、ジャズストリート、阿佐ヶ谷アニメストリートなどの観光資源を生かして、杉並の魅力をより広くPRする「観光のまち」づくりを目指します
 「阿佐ヶ谷観光協会」をつくり、「杉並観光協会」に発展させます
 杉並まるごとWi-Fi化を推進します