忘れかけてたこと

ホーム/活動報告/忘れかけてたこと

イラスト_ファミリー
イラスト_ファミリー

ドキュメンタリー「泣きながら生きて」

先日、奥さんから「感動するよ」と言われたドキュメンタリー番組がビデオに録画されていたので、見ました

十数年間にわたって、不法滞在をしていた中国人男性と、その家族の人生を追い続けた番組は、私の涙腺を刺激するのに十分な内容でした

多額の借金をしてやって来た日本で厳しい現実に挫折し、ボロボロになりながらも必死に働きながら娘の学費を稼ぎ続ける父、ひたすら夫の帰国を待ち続ける母、親の意志を継いでアメリカで医者になった娘

長い間、会いたくても会えない、しかし何よりも家族を思いながら必死に生きていく姿に深く感動しました

自分たちの全てを犠牲にしても、子どものために働く両親
その両親の思いを受け止めて、期待に応えようと必死に勉強する娘

昔の日本ではあたりまえのようにあった事ではないでしょうか
時代は変わったと言えば、それまでですが・・・

最近の家族に関する事件は、目を覆いたくなるものばかりです
人間教育の原点は家族です
家族を思いやる心があれば、こんな殺伐とした世の中にはならないはずです

この番組をご覧になった方も多くいると思いますが、日本人が忘れかけていた、家族の絆の美しさ、そして尊さをあらためて考えさせられるものでした

11月 14th, 2006|活動報告|