ぶっそうなモノ

ホーム/活動報告/ぶっそうなモノ

大根_マジ
大根_マジ

不発弾

夕方近くに携帯電話へ「区内で不発弾が見つかりました」と連絡が入ってきました

聞くと我が家から、さほど離れていない場所
なんでも、民家の庭を掘っていたら出てきたとか

区役所の危機管理室、防災課、警察、消防、そして自衛隊がすぐさま出動
マスコミも取材に駆けつけ、緊張感が一挙に高まったようです

幸いにも、爆弾は信管が抜かれ、火薬も入っていないもので、すぐに自衛隊の爆弾処理班が回収していったそうです

近所の年配の方の話しによると、米軍の落としたものではなく、田んぼに水を引くのに、水路を堰き止めるため、火薬を抜いた日本軍の爆弾を使ったとか

そのことを裏付けるように、1mあまりの長さの爆弾は「日本海軍」のものだそうです

戦後の様子を象徴するような話しですが、あたりにはまだ同じようなものが埋まっている可能性があるようです

時々ニュースとなる不発弾騒動ですが、身近に昔の負の遺産があることをあらためて実感させられるできごとでした

5月 19th, 2007|活動報告|