imageimage
先日、今年20周年の阿佐谷ジャズストリートが晴天のもと無事終わりました。

2日間とも例年以上の人出で、各会場に多くの来場者があったようです。

2日目は中杉通りのパレードから始まりましたが、私もスポーツ議連のメンバーとして、東京オリンピック・パラリンピックの横断幕を掲げ行進させて頂きました。
今年のゲストは、元水泳オリンピック代表の長崎宏子さんでしたが、駅前会場での挨拶も好感が持てて素敵な方でした。

午後からは、担当の阿佐ヶ谷中学校アリーナへ。
今年はピンキラ(懐かしい)の今陽子さんが出演。
ラテン音楽に乗せて歌う迫力に圧倒されました。それなりのお年ですが(失礼)さすが!のひと言です。

会場は満員御礼状態で、少々年齢層は高め(笑)でしたが、ラテンバージョンの「恋の季節」で盛り上がりました。

撤収後打ち上げがあり、家に帰り着いてそのままバタン。

まちの活性化をと始まったイベントですが、地域に愛され誇れるものがあるということは地元に住む者にとっては嬉しいことです。
「まちづくりは人づくり」この20年で多くの人の輪が広がったのだと思います。

今年も、いつもの素晴らしい仲間と楽しい時間を過ごすことができました。
感謝です。