念願だった善福寺川地下調節池が完成し、8月31日から取水が開始されるようになりました。
本日、尽力してくれた、まつば多美子都議と区議4名で施設内の視察を行いました。

管理棟からビル9階分の階段を降りると、52本の柱に支えられた壮大な地下空間でした。

工事期間約3年、地下27mに3万5千立方メートルの地下調節池の完成によって下流域の浸水被害が軽減される事になりました。

今後、この場所を起点に上流部へ向かって時間雨量70mm対応の河川工事が進められる事になります。

なお、フタとなる上部の公園整備はこれからです。

上流部の河川が整備され、下水道が拡充されれば荻窪地域の浸水被害は激減すると思います。