地元に建設中の保育施設を視察。
用地取得後の地域対策から関わってきましたが、来年度開設に向けて着々と工事が進んでいます。

一昔前では考えられない様な反対運動やクレームが出る事も増えてきましたが、住宅街のど真ん中にありながらも、これまで地域の方の協力で穏やかに進んできました。
安全面をはじめ様々な面に配慮した、子どもたちに喜んでもらえる施設となりそうです。

とにかく、来年度の待機児童ゼロを目指し、2000人分の保育施設建設を急ピッチで仕上げなければなりません。
また、それと共に保育士確保等の質の向上の課題解決も図る必要があります。

ともあれ、来年は保健福祉委員会委員長としても問題解決に決着をつけられる様、頑張ります。