先日、公明党国会議員 働き方改革PTのメンバー(浮島、中野、鰐淵衆議院議員、佐々木、竹谷、河野参議院議員)と共に、杉並区立富士見丘中学校の部活動を視察させて頂きました。

富士見丘中学校は、社会問題にもなっている部活において、顧問不足の対応と教員の負担軽減を外部委託の活用で先進的な取り組みをしているとのことで、文部科学省と都教委の推薦で杉並区の学校が選ばれたとのことです。
大変誇らしく嬉しく思います。

区教育委員会の説明の中で、私が杉並区の中学校部活外部指導員250名の一人として引き合いに出されたことは少々恥ずかしくもありましたが、12年間、部活活性化の一端を担わせて頂いていることに、やりがいは感じています。

これからも部活動のみならず、全国をリードする教育先進自治体としての杉並区の取り組みをしっかりと応援して行きたいと思います。