地元団地の懇談会に出席させて頂きました。

高齢化が著しい団地居住者の様々な問題、課題を膝詰めで伺うことができました。

特に独居高齢者が多く、ここ数年孤独死が発生していることから、在宅支援や見守りについてのご意見をご要望を頂きました。

杉並区は全国でも先駆的な取り組みとして、福祉と暮らしの新たなサポート拠点となる複合施設「ウェルファーム杉並」を建設しました。

地域包括ケアシステム、在宅医療、看護、介護等の中心拠点として、今回ご意見ご要望で頂いたような高齢者福祉の課題など新たな取り組みを始めています。

会派として、複合施設設置を全力で推進してきましたが、今後も事業がしっかりと機能していくよう引き続き関わっていきます。