4月にオープンした、複合施設「ウェルファーム杉並」へ、会派で視察に行って来ました。

今回は、複合的な生活課題を抱えた世帯を高齢者、障がい者、子ども家庭などの分野に横串を入れた包括的な支援を行う拠点として、全国でも先進的な取り組みとなる、在宅医療・生活支援センターの稼働状況についての説明を受けました。

在宅医療・生活支援センターは、単に高齢者だけでは無く、高齢者や障がい者を抱える家族も含めた、在宅支援・生活支援の充実強化を図る施設として期待されています。

また、たくさんの子育て世代に喜んで頂いている、新しい形の児童館として開設された、「子ども子育てプラザ」を視察しました。

複合施設については、建設に至るまで様々な課題がありましたが、会派として行政に協力しながら無事設置出来た事を嬉しく思います。
福祉行政のさらなる充実を目指して頑張ります。