地元、杉並第六小学校へ、ICTを活用した校内研究授業を視察させて頂きました。

1年生の道徳と国語、3年生の図工、社会、5年生の社会でした。

ICTを活用した授業をきちんと見たのは久しぶりでしたが、デバイスもソフトも飛躍的に進化していること。それ以上に先生方のスキルの向上には驚かされました。

タブレット端末を使った授業では、ノートとの住み分けを効果的に行い、書き込み、修正、入れ替えできるタブレットのメリットをフルに活用していると思います。

しかし、生徒300人程に対して、ロイロタブレット端末が40台しかありません。

議会でも、ICTを活用した学習について質問してきましたが、しっかりとしたカリキュラムを進めるためにも、1人1台の導入が必要です。