/watanabe_fujio
­

著者紹介 watanabe_fujio

この作成者は詳細を入力していません
今までのところ、watanabe_fujio は 654 ブログエントリを作成しました。
22日 2017年02月

公明党杉並総支部 早春の集い

2017年02月22日|

昨日、新宿京王プラザホテルで「公明党杉並総支部 早春の集い」を開催させていただきました。
300名近い方々が参加していただき、素晴らしい会合となりました。

席上、太田衆議院議員から「東京改革を前に進めるのはまつば多美子都議しかいない!」、高木みちよ衆議院議員から「女性の代表として頑張ってほしい!」と、我らが総支部長への熱い激励をいただきました。

また、来賓挨拶に立たれた田中良杉並区長、乾杯の音頭をとっていただいた日本陸上競技連盟 顧問の佐々木秀幸先生からも、温かくも嬉しい期待とお褒めの言葉を頂戴しました。

なお、壇上で、まつば都議の歌う東京ラプソディに合わせ区議全員が踊るという余興も皆さんに喜んで頂けたようです(^.^)

今回、個人的にお声をかけさせて頂いた企業、団体の皆さまに心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

私の知人と一緒に参加していただいた、ラグビーワールドカップ元日本代表でワールドカップアンバサダーのラトゥ・ウィリアム志南利さんと📷

10日 2017年02月

駅ホームドア設置要望

2017年02月10日|

先日、杉並区障害者団体連合会 高橋会長と杉並区視覚障害者福祉協会 西山理事長、まつば都議とともに、区内各駅へのホームドア設置の要望書を石井国土交通大臣に渡しました。

視覚障がい者の方が、駅のホームから転落して亡くなるという痛ましい事故が連続して発生しました。

会長、理事長から、「視覚障害者にとって、駅のホームは死の危険との隣り合わせの場所。特に中央線沿線は特急等の通過駅も多い。視覚障害者の施設がある荻窪駅の設置を早期に行って欲しい」との具体的な要望に、石井大臣からは「中央線の複数の種類の車両に対応する、新型のホームドアを検討させます」とのこと。
国交省では、2020年を目標に当面は利用者10万人以上の駅に設置することを決めました。
新型のホームドアも実証実験が進められ、期待が高まります。

誰もが安心して利用できる駅のバリアフリー化を推進するため、区内各駅のホームドア設置が実現できるよう、働きかけを続けていきたいと思います。

03日 2017年01月

2017新春

2017年01月03日|

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
国政、都政とも様々な課題を抱えながら新春を迎えましたが、杉並区におきましても、至上命題となった保育園の待機児解消、高齢者施設の拡充、震災・水害対策、まちづくり、東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組み等々、今年も取り組まなければならない課題が多くあります。
また、夏前には都議会議員選挙も控え、まつば多美子都議の選挙対策の責任者としての仕事も進めていかなければなりません。
そのような2017年を皆さまのご理解とご協力をいただきながら、現場第一主義に徹し全力で走り抜いていこうとの年頭の決意を致しました。
大変お世話になりますが、本年も何卒よろしくお願い申しあげます。

 

さらに投稿を読み込む